新生活 家電 3点 セット

maoです。

新生活で必要になることの多い家電3点(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ)がセットになったものの価格を調べてみました。

それぞれの家電の大きさや、日本のメーカーかどうかなどで価格がだいぶ違います。


たとえば、安く抑えることが優先されるなら、中古品で揃えれば一人暮らし用なら3万円以下で手に入ります。



新品で安く揃えたいなら、外国メーカーやマイナーな日本メーカーのセットで4万円台で購入できます。




日本のメジャーなメーカで揃えると、8〜10万円前後といったところです。




また、家電量販店などのプライベートブランドの商品ならば、4万円程度で新品を揃えられますし、電子レンジをオーブンレンジに変えて、冷蔵庫、洗濯機とセットにしても10万円以下で購入できます。たとえば、ノジマでは冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジのセットを7万円ほどで販売しています。

新生活 家電 周波数

maoです。

新生活で、西日本から東日本に引越す方や、逆に東日本から西日本に引越す方は家電の対応周波数を確認してくださいね。

電源周波数は、基本的には富山県、長野県、静岡県の富士川以西の地域で60Hz、それ以外の地域で50Hzになっています。長野県や新潟県の一部の地域では、60Hzと50Hzが混在している地域もあります。詳しくは引越し先の電力会社に確認してください。

ヘルツフリーの電化製品も多いですが、新生活用に電化製品を買うとき、または引越しで電化製品を送るときは、引越し先の周波数に対応しているかどうか確かめましょう。

新生活 応援キャンペーン ゆうちょ銀行

maoです。

新生活応援キャンペーン として、ゆうちょ銀行では3つのキャンペーンを行っています。
給与コース、クレジットカードコース、mijicaコースがあり、それぞれの概略は以下の通りです。

給与コース
2018年2月1日(木)から2018年5月31日(木)のキャンペーン期間に新たに給与受取が3万以上あると抽選で千円から1万円の現金が当たります。また、キャンペーン期間中に公共料金の自動払込みを新たに申し込むと、抽せん口数が1種類の公共料金につき1口追加されます。

クレジットカードコース
2018年2月1日(木)から2018年5月31日(木)までに対象のクレジットカードを申込み、2018年6月30日(土)までに対象カードが発行され、キャンペーンにエントリーすると、2018年8月31日(金)までに3万円以上のカード利用があると千円、さらに給与受取があった場合は更に2千円がもれなくもらえます。

mijicaコース
mijicaに入会し、2018年2月1日(木)から2018年8月31日(金)までにキャンペーンにエントリーして、2018年8月31日(金)までに3万円以上のカード利用があると千円、さらに給与受取があった場合は更に2千円がもれなくもらえます。

新生活 必要な 手続き

maoです。

新生活を始めるのに必要なものは、家具や家電だけではありません。引越し前後でいろいろと手続きが必要です。そこで、一般的に必要になる手続きをまとめてみました。


引越し前に、

新居の契約
これを忘れる人はいないでしょうが、念のため。

転出届
市区町村の窓口で手続をしましょう。身分証明書と印鑑を忘れずに。

国民年金
加入している場合は転出と合わせて役所で手続きをしましょう。国民年金手帳を持参しましょう。

健康保険
国民健康保険に加入している場合は転出と合わせて役所で手続きをしましょう。国民健康保険証を忘れずに持参しましょう。
最近は、家族一人一人に保険証が交付される場合が多くなってきましたが、 家族単位で保険証が交付されている場合は、進学で一人暮らしをするなど被扶養者が別居する、または被保険者が単身赴任する時には、遠隔地被保険者証の申請が必要になりまあす。

郵便物の転送届
これは、日本郵便のホームページか専用ハガキで申し込みます。

電気・ガス・水道
実家を出て一人暮らしを始めるなどの場合は不要ですが、必要に応じて停止手続きをしましょう。
通常、新居での開始手続きが必要です。引越し日に合わせて事前に下調べや手配しておくと引越し当日困らずにすみます。

各種の住所変更届
金融機関、携帯電話会社などの届け出住所変更をしましょう。



引越し後に、

転入届
転出証明書、身分証明書と印鑑を持参しましょう。

国民年金・国民健康保険
加入している場合は転入と合わせて役所で手続きをしましょう。国民年金手帳を忘れずに持参しましょう。

運転免許証の住所変更
必要な人は、管轄の警察署に行って申請します。免許証と住所を証明するものを忘れずに。

車庫証明申請、自動車・バイクの登録変更
必要に応じて管轄の警察署に行って、車庫証明を申請します。車庫の配置図なの書類を揃えていきましょう。
住所変更は管轄の陸運局に車検証、住民票、車庫証明書などを持っていきます。管轄が変わる場合はナンバープレートが変更になります。

新生活 応援キャンペーン

maoです。

4月前後の数ヶ月の期間で、金融機関等が新生活応援キャンペーンとして口座開設、クレジットカード申込、インターネットネットの新規契約などをすると特典がもらえるキャンペーンをしています。

どうせ必要なものなら、お得な特典があるうちに申込/購入するといいですよ。

たとえば、

ゆうちょ銀行では、キャンペーン期間中に給与受取、クレジットカード申込&利用、またはmijica申込&利用で、現金が抽選でもしくはもれなくもらえるキャンペーンを行っています。

自転車

SoftBankでは、光 新生活応援!キャッシュバック/割引キャンペーンとして、期間中にSoftBank 光に新規申込すると割引またはキャッシュバックがもらえます。

また、キャンペーン期間中に成約するとくじ引きで商品がもらえる不動産屋やキャンペーン期間中に自転車を購入すると特典が付いてくる自転車屋さんなんかもあります。